毎日の正しい摂取の仕方|不妊症や妊娠中は身体に良い生活を送ろう!日頃摂取する食事も重要

妊娠中は食べてはいけないNG食品もある

なぜ妊娠中に摂取してはいけない食品があるのかというと、赤ちゃんの成長の妨げになってしまうからです。もし不規則な食生活を続けてしまうと健康的な胎児を産むことができなくなります。妊娠中はNG食品も把握した上で正しい食生活を送るようにしましょう。

毎日の正しい摂取の仕方

食事

基本的にバランスの良い食事をしよう

主食や主菜、副菜などといったバランスの良い食事をするようにしましょう。組み合わせを良くすることで栄養が偏ることなく、必要な栄養素を身体の中に吸収することができます。妊婦に良い栄養素ばかりだけでなく、バランスを考えて食生活を送るようにしましょう。

一気に食べるとお腹に負担をかけてしまう

妊娠中はつわりの症状が出てきて、食事の匂いを嗅いだだけで吐き気を催してしまうことがあります。食欲が落ちているときは胃にあまり負担をかけないように食事をする必要があります。毎日三食の生活をしていた人は、それをもっと分割して小分けにして食べるようにすると良いでしょう。

必要であればサプリメントで栄養摂取

毎日規則正しい食事をしたとしても栄養が足りないこともあります。そんなときは妊婦の栄養補助をしてくれるサプリメントを摂取するようにしましょう。葉酸や鉄分の含まれたサプリメントもあるので、普段栄養摂取が難しいならサプリメントを活用してください。

辛いときは無理して食べないようにする

つわりなどが辛いと無理して食べても食材を戻してしまうでしょう。そのときは食事を取らず水を飲むだけでも大丈夫です。また水だけでなく塩分補給をしておけば脱水症状を防ぐことができます。無理をして食事をしようとすると身体に毒であることもあるので注意しましょう。

妊娠をして待望の赤ちゃんを授かるための方法

食事

毎日の正しい摂取の仕方

妊娠中は身体の負担をかけないような食事を意識する必要があります。摂取して良いものと控えた方が良いものもあるので、妊娠中に食事をするときはNG食品を見極めるようにしましょう。また小分けして食事をすることで負担を抑えることもできます。

READ MORE
お灸

鍼灸院で施術を受ける

不妊症になっていると妊娠をすることができないので、不妊症を治療していかなければなりません。全国に鍼灸院がありますが、注意するべきポイントがいくつかあるのでチェックしておきましょう。また不妊症の原因は人によって異なるので、医師に話しをして原因を特定してもらうようにしてください。

READ MORE
研究

妊娠の確率アップ方法

体外受精は専門クリニックで治療を受けることができますが、受精率はあまり高くないとされています。体外受精の前にタイミング法や人工授精で妊娠しなかった人に適用される治療法なので、医師と相談をして治療法を決めていきましょう。

READ MORE
和食

普段の食生活の改善

妊娠中は赤ちゃんのことも考えて負担の少ない食事を意識しましょう。食べ過ぎは厳禁で、量よりも質を考えて献立を考えるようにしてください。また野菜も多く摂取していけば必要な栄養を身体の中に蓄えることができます。

READ MORE
広告募集中